月別アーカイブ: 2018年2月

ベビー服の素材の特徴

赤ちゃんは新陳代謝が活発で寝ているだけでも多くの汗をかき、肌は刺激に弱いので少しでも刺激を少なくするために綿100パーセントで作られているものが多いです。しかし、生地の織り方や編み方で肌触りや密度などが異なってきます。そこで季節に合わせた素材を選んでいくことが重要になります。

ガーゼ素材は平織りの生地で目が粗く通気性の高い素材です。伸縮性は低めですが重ねると保温効果が上がります。天竺は平編み生地で薄手で、夏場の肌着やウエアに適した素材です。フライスとはリブ編みの生地で伸縮性に優れた素材です。肌着の定番とされていて、季節を問わず使われています。そしてスムースと呼ばれる素材は、両面リブ編みの生地で少し厚みのある生地になります。そのため秋冬に重宝される素材です。また、優しい手触りが特徴でウエアの定番です。最後にパイル生地はタオル地の生地で、厚みと保湿性があるので冬用の肌着として使われています。また上に重ねて温度調節を行うためのアイテムに使われていることもあります。

そして素材以外にも、赤ちゃんが汗をかきやすいところや固いタグを内側でなく表側につけることで赤ちゃんの肌に触れないようにするなど、赤ちゃんへの配慮や着替えをするお母さんへの配慮などがされているものが多くあります。


**関連記事**