日別アーカイブ: 18-01-23

新生児服の種類

新生児に着せる新生児服ですが、大人と同じようにさまざまな肌着があり、ウエアがあり、帽子などの小物があります。肌着には短肌着や長肌着をはじめとして、少し大きくなってきたりするとまたの分かれたコンビ肌着などもあります。ウエアとしてはベビードレスなどがあります。これは股下が開いていておむつ替えが簡単にできるようになっています。ほかのウエアに比べるとはだけやすくなっているので、生まれたばかりであまり足を動かさない1か月くらいの新生児に着せることが多いです。

赤ちゃんそこから少し大きくなってくるとツーウェイオールと呼ばれる股下にスナップがあり、スカート型とズボン型とを使い分けられるウエアを着るようになります。そして外出するときに使うのがおくるみやベストです。またミトンは伸びるのが早い新生児の爪で赤ちゃんが顔をひっかいてしまうのを防ぐために使います。

新生児服の組み合わせ方としては室内にいるときであれば肌着とウエアを一枚ずつ、外出するときには気候や天気に応じて、そこにアウターや小物を足して調整するといいでしょう。また新生児服には季節や成長に応じていつ何を着せるべきか考えることが必要です。新生児はおむつ替えが頻繁に必要なので、おむつ替えがしやすいように股下はあいているものが適しています。また季節によっても着るものが変わっていきます。春秋であれば単肌着にツーウェイオールを着せ、夏場に家にいるときはコンビ肌着だけなどという具合です。そして新生児と呼ぶには大きくなり始めたら、股下のあいた肌着ははだけてしまうので股下の分かれた服を着せるようになります。


**関連記事**