ベビー服の素材の特徴

赤ちゃんは新陳代謝が活発で寝ているだけでも多くの汗をかき、肌は刺激に弱いので少しでも刺激を少なくするために綿100パーセントで作られているものが多いです。しかし、生地の織り方や編み方で肌触りや密度などが異なってきます。そこで季節に合わせた素材を選んでいくことが重要になります。

ガーゼ素材は平織りの生地で目が粗く通気性の高い素材です。伸縮性は低めですが重ねると保温効果が上がります。天竺は平編み生地で薄手で、夏場の肌着やウエアに適した素材です。フライスとはリブ編みの生地で伸縮性に優れた素材です。肌着の定番とされていて、季節を問わず使われています。そしてスムースと呼ばれる素材は、両面リブ編みの生地で少し厚みのある生地になります。そのため秋冬に重宝される素材です。また、優しい手触りが特徴でウエアの定番です。最後にパイル生地はタオル地の生地で、厚みと保湿性があるので冬用の肌着として使われています。また上に重ねて温度調節を行うためのアイテムに使われていることもあります。

そして素材以外にも、赤ちゃんが汗をかきやすいところや固いタグを内側でなく表側につけることで赤ちゃんの肌に触れないようにするなど、赤ちゃんへの配慮や着替えをするお母さんへの配慮などがされているものが多くあります。


**関連記事**

肌着の特徴

赤ちゃん用の肌着は様々なタイプのものがあります。まずどんな季節に出産をしてもお世話になる肌着が短肌着です。丈はお腹を覆える程度の長さで足を動かされてもはだける心配のない肌着です。この肌着の長いものを長肌着といいます。寒い時期に出産した場合はあると便利かもしれません。

長肌着は丈が長いために足を動かすとはだけやすいので足をよく動かすようになるようになるとあまりお勧めできません。この二つの肌着を選ぶ時に気を付けたいのが合わせが深いものを選ぶということです。そうすれば動いてもはだけにくく、安心です。

肌着また新生児はあっという間に成長していくのでボタンで留めるタイプではなく、ひもで結べてサイズが調整できるものが便利です。股下がスナップ止めできるコンビ肌着はズボンのようにできるので足を動かしてもはだける心配がありません。足をよく動かすようになる1、2か月から半年ごろまで長く使うことができます。そしてこちらも股下にスナップのあるボディタイプ肌着は足の付け根までしか肌着がないので赤ちゃんが動くのを妨げません。一歳以降歩くようになると気に適した肌着です。長肌着を除いてどの肌着も最低3枚から4枚ほどは必要なです。


**関連記事**

新生児服の種類

新生児に着せる新生児服ですが、大人と同じようにさまざまな肌着があり、ウエアがあり、帽子などの小物があります。肌着には短肌着や長肌着をはじめとして、少し大きくなってきたりするとまたの分かれたコンビ肌着などもあります。ウエアとしてはベビードレスなどがあります。これは股下が開いていておむつ替えが簡単にできるようになっています。ほかのウエアに比べるとはだけやすくなっているので、生まれたばかりであまり足を動かさない1か月くらいの新生児に着せることが多いです。

赤ちゃんそこから少し大きくなってくるとツーウェイオールと呼ばれる股下にスナップがあり、スカート型とズボン型とを使い分けられるウエアを着るようになります。そして外出するときに使うのがおくるみやベストです。またミトンは伸びるのが早い新生児の爪で赤ちゃんが顔をひっかいてしまうのを防ぐために使います。

新生児服の組み合わせ方としては室内にいるときであれば肌着とウエアを一枚ずつ、外出するときには気候や天気に応じて、そこにアウターや小物を足して調整するといいでしょう。また新生児服には季節や成長に応じていつ何を着せるべきか考えることが必要です。新生児はおむつ替えが頻繁に必要なので、おむつ替えがしやすいように股下はあいているものが適しています。また季節によっても着るものが変わっていきます。春秋であれば単肌着にツーウェイオールを着せ、夏場に家にいるときはコンビ肌着だけなどという具合です。そして新生児と呼ぶには大きくなり始めたら、股下のあいた肌着ははだけてしまうので股下の分かれた服を着せるようになります。


**関連記事**